カードローンの金利マジック

低金利、借りる側からしたらこれほど魅力的な言葉はありません。しかし、よく見てみると、金利は何%~何%となっています。ですから決して誰しもが、最低の金利でお金を借りれるわけではないのです。たかだか数%の違いと感じるかもしれませんが、その違いを侮ってはなりません。借りる金額によってその数%が何十万円に化けることすらあるのです。ポイントは最低金利だけみるのではなく、自分が借りる金額の場合はいくらの利子が付くのかといった点です。それで初めて正しく判断することができます。今はカードローンの場合、銀行の利子も消費者金融の利子も正直大差ありません。しかし少しは差があるので、借りる金額が大きい場合は銀行で借りることが少し得です。

 

しかしもし、借りる金額がそこまで大きくない場合は、消費者金融のカードローンもお得です。なぜなら、少額であれば金利に差が出ませんし、加えて利便性を考えると消費者金融のカードローンが便利です。発行するまでの時間も申し込みから受け取りまでが即日と非常に速いですし、またノーローンなどの消費者金融の会社では、無利息期間が存在しています。もちろんNoloanでキャッシングするには審査がありますが、こういったサービスを踏まえて考えると、利便性から消費者金融も考えられます。ですから自分の借りる用途、金額、金利によって落ち着いてどこの金融機関にするかを選ぶ必要があります。見合った金融機関でカードローンを使えば急な出費にも対処できますし、使う用途も限定されていないので、様々な使い道ができ非常に便利です。

 

g0037

ETCパーソナルカードについて

 ETCパーソナルカードとは、運転免許証をお持ちで日常的に車を運転され、なおかつ有料道路を頻繁に利用される方には必携のカードです。ETCパーソナルカードとは、クレジットカードを持っていなくてもデポジット(保証金)を預けることで有料道路のETC走行が可能になるカードのことです。ETCパーソナルカード 申し込みはまずは込書を取り寄せ、必要事項を記入して郵送で申込みます。その後、郵便局の窓口かコンビニでデポジットを預けます。すると所定の審査を経てカードが届き、その後は有料道路を利用する度にデポジットを担保として、通行料金が郵便局や銀行の預貯金口座から1ヶ月単位で引き落としされるという仕組みになっています。

 

j048

 

ただし、ここで注意しなければならないのは、デポジットはあくまでも担保であり、前払金とは異なるため通行料金の支払いには利用できないという点です。このデポジットは解約の際に手続きを経て返金されます。デポジット額は、有料道路の平均利用月額を5000円単位で切り上げて4倍した額か、年間最高利用月額を20000円単位で切り上げた額のどちらか高い方が適用されます。また、以下のような場合にはカードが利用停止になります。1つ目は未払金がデポジットの80%を超えた場合です。2つ目は利用金額が支払われない場合です。3つ目はデポジットの増額に応じない場合があります。さらに、ETCパーソナルカードはカード発行手数料や明細書発行料などの諸経費のために年会費1200円が必要になります。

ANAカードの比較について

k113

 

クレジットカードを作ろうと思っていて、マイルも貯めたいのであれば種類の豊富なANAカードの中から自分の生活に合いそうな一枚をお探しになってみてはいかがでしょうか。ANA系でオススメなANAカード 比較してみたいと思います。ANA To Me Card PASMO JCBソラチカカードは、これ一枚でJCB、ANAm東京メトロの3つをポイントを貯めることがでます。もし普段地下鉄も頻繁に使用するという方はおすすめです。ANA VIZA Suicaカードは、ANAマイルと、クレジットとSuica機能が1つになったものです。Suicaだけのためにいつも1枚持ち歩いているのであれば、まとめてこのカードにしてもよいかもしれません。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、最高のステータスカードであるアメリカン・エキスプレスの優遇をうけながら、それと同時にANAのマイルも貯めることができます。付帯保険や還元率、ブランド力やカードデザインもクオリティが高いです。また通常のアメリカン・エキスプレス・カードと比較してみると、通常カードでは電子マネーが付いておりませんが、こちらのANAアメリカン・エキスプレス・カードであれは、電子マネーのEdyと、QUICKPAYをを付けることが可能になります。ANAカードには他にも種類がありますが、今回はおすすめのクレジットカードをご紹介してみました。ぜひご自分にあったANAクレジットカードを1つ見つけてみてください。

キャッシングカードについて

お金が急に必要な時にカードで借りることができます。それがキャッシングという便利なサービスです。お金を借りるので返済の能力があるか、収入があるかという一定の審査があり、通ったらそれらの条件から融資の限度額が決められて契約となります。キャッシングカードが発行されて、コンビニや銀行のATMでお金を引き出すことができます。手数料はいりませんし、保証人も担保も必要がありません、本人の信用だけでお金を貸してもらえる便利なサービスです。キャッシングの借りるまでの時間に関しては、早ければ最短1日で受けられるという金融会社も最近では増えています。即日融資を希望する場合は、銀行の営業時間内に申し込むといいでしょう。

借りる場合に心配なのが金利です。金利は消費者金融が一番高く、次に信販会社で低いのが銀行となっています。逆に借りやすいのは消費者金融、信販会社、銀行です。初めて利用する方は不安が多いと思いますので、最初は無利息期間があるところから借りるのがいいです。何回借りても1週間以内の返済なら無利息とか、30日間無利息期間なのですぐ返済すれば金利が一切かからないなど、さまざまな種類のサービスがあります。でもどこを選べばいいのかわからない時は、インターネットから検索してキャッシングの低金利消費者金融 ランキングなどを確認し、自分にあった会社を選択して申し込むことをお薦めします。少しでも安い金利で利用して下さい。返済は翌月一括で返済となっています。

 

k91